ダイバーを虜にする生き物、「マンタ」

mannta

ダイバーを虜にする生き物、「マンタ」に遭遇したい!といえば沖縄の石垣島。マンタスポットの川平で遊泳する現地における専門サービスはたくさん存在します。
“課題と解決“を外さないダイビングの奥深さを体感して頂き、適切に味わうためのテクニックを学習します。あなたの世界を広げることがゴールです。
憧れのクジラの雄大な仕草を見てみたい!という人に行ってみてほしいのが、早く目的地に着けるクルージングで目指す魅惑のホエールウォッチングです。
「そうは言ってもダイビングって費用が掛かるでしょ。」そんな風に考えている人は大勢います。だけど、プロのダイバーたちは「迷うことなくそれ相当の値はある」とみんなが言うでしょうね。
インドネシア・レンボガン島の自然にどっぷり浸るネイチャーツアーをご存知ですか?バリの大自然に長けたネイチャーガイドがサポートしつつ、スピードボートを飛ばして大体30分の麗しのレンボガン島へ行きましょう。
プロ好みの恩納村界隈でのダイビングの風景を、従業員が撮影した映像でご覧ください。恩納村におけるダイビングがいったいどんな印象なのかを知っておきたい方、是非見ておくことをお勧めします。
スキューバダイビングを知りたい君、ダイビングライセンスがあったらいいな、とお望みの初心者の方は、思い切っていつでもご質問お待ちしています。
ダイビングのエキスパートは「ダイビングのステージが多数ある」「ダイビングが巧み」と噂されることだけでは評価されません。
カヤックツアーの内容は、ご存知のようにカヤックを利用して自分で水を掻くパドルを水に出し入れして、両方の岸辺に海漂林が息づく川を上流に向かっていくツアー。
那覇を中心に潜水する場合にお薦めするポイントがチービシエリアになります。割と初心者の方でも安心の箇所がいっぱいで、非常に気軽にボートダイビングライフが可能になります。
あるがままの目印を見極めながら足を運ぶナチュラル・ナビゲーションや「スクーバセクスタント(六分儀)」を事由に使う技能を身につけます。
ダイビングをを始める時には、取り掛かりとしてダイバー間で7点セットと紹介されているスノーケル、マスク、フィン、そしてスーツ、グローブ、ブーツ、メッシュバッグは買った方が何かと便利です。
「沖縄での冬期間の海はどこまでも透き通って見えますか?」とダイバーたちに聞かれることがたまにあります。房総半島も夏場より冬場の方が相当透明感が高いようです。